2010.10.26

彼我…

彼我…彼・我…


彼を知り…

我を知る。


時代のニーズは、何を求めているのか…

社会のニーズは、何を求めているのか…


会社の将来は、創造できているのか…

社員の将来は、創造できているのか…


過去の価値観で、現在が存在し…

現在の価値観で、未来が存在する。


自分が変われば、相手も変わる…

自分が変わらない限り…

相手が変ることはない。


未来を創造して、現在の価値観を変えない限り…

自分の未来を変えることはできない。


「社会貢献の証…」

社会のニーズに応えられる価値観に…

自分の価値観を変えたいものである。


ありがとうございます。


posted by にっちゃん at 23:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010.10.06

不幸…

不幸…幸福…


不幸にキチンと向き合って…

不幸をキチンと生きる人に…

幸福は、微笑むのでしょう。


幸福を夢見ている限り…

それは、夢で終わるのでしょう。


幸福は、身近に在り…

不幸が幸福に変るのでしょう。


どんな障害が在る人でも…

いま…

この瞬間に、幸福を見出すことができる人がいる。


私達は…

目の前の現実を感謝して、見なければ判らないのでしょう。


ありがとうございます。
posted by にっちゃん at 19:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010.10.02

人間…

人間…目的…

人間は…

人間の持つ…

無限の可能性を…

有限な人生の中で…

最大限に実現することが…

人間として、人生窮極の目的である。


人間は…

年と共に、目的を持って人生を生きていく…

人間が人間らしく、人生を生きていく為には…

自分で自分の人生の目的を、自分で探しながら生きていく。


人間の目的とは…

本来理想の人生を生きる姿である。


ありがとうございます。
posted by にっちゃん at 01:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010.09.29

仕事…

仕事…意識…


私の仕事は…

レンガを積むだけが仕事である。


私の仕事は…

生活費を稼ぐ為に、レンガを積むのが仕事である。


私の仕事は…

100年かけて教会を作ることを生き甲斐にしている為に…

今、レンガを積むのが仕事である。


私は…

仕事だから、働いている。


私は…

生活費がいるから、働いている。


私は…

社会に貢献したいから、働いている。


働くとは…

人が動いて、「はた」を「らく」にさせることである。


ありがとうございます。


posted by にっちゃん at 23:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010.09.24

知る…

知る…怖さを知る…


怖さを知る…

子供は、親が怖い…

社員は、社長が怖い…

社長は、世間が怖い。


また…

神が、怖い…仏が、怖い…

人によって、色々怖いものが在る。


怖いものが在るということは…

ありがたいことである。


怖いものが在ればこそ…

かろうじて、自分の身も保てるのである。


自分の身体は、自分のものであるし…

自分の心も、自分のものである。


だから…

自分で、自分を御すことは…

そう難しいことでもないように思われるのに…

それが…

馬や牛を御すようには、なかなかうまくゆかないのが…

人間というもので…

古の賢人も…

その難しさには、長嘆息(ちょうたんそく)の体である。


まして…

我々凡人にとっては…

これは、難事中の難事ともいうべきである。


せめて…

何かの怖いものによって、これを恐れ…

これに、叱られながら…

自分で、自分を律することを心がけたい。


怖いもの知らずということほど、危険なことはない。


時には…

なければよいと思うような、怖いものにも…

見方によっては…

やはり、一利があり、一得があるのである。


自分を知る心を大切にしたいものである。


ありがとうございます。



posted by にっちゃん at 23:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。