2012.02.07

晩節…

晩節 2012.2.7

晩節を汚すな…


人間には…

それぞれが、素晴らしい人生、経験、思いがあった。


そして…

人には言えない醜い、情けない人生、経験、思いがあった。


人間は…

それぞれが、過去の出逢いを自分の価値観で判断して…

自分が自分を汚して、汚している自分を正当化して生きている。


その自分の価値観を変えない限り…

年齢を増せば増す程、自分の人生は、醜い、汚れた人生を送ることになる。


自分が…

どう歩んできたのかは、大きな問題ではなく…

自分が…

どう歩んでいこうとしているのかが、大きな問題である。


過去・現在・未来…

自分と向き合って生きていきたいものである。


ありがとうございます。



posted by にっちゃん at 23:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012.02.04

価値観…

価値観…2012.2.4


価値観が低いと信頼の絆ができない…


自分の価値観で反省しては…

自分の間違いが判らない。


高い価値観に出逢い…

高い価値観を通して反省する。


自分本位の価値観とは…

自分の都合の良い判断基準であり、低い価値観である。


相手本位の価値観とは…

相手の立場・思い・意見を汲み取った判断基準であり、高い価値観である。


深くものを考える…

ここから、人間同士の信頼の絆が生まれる。


こちらが、相手をどう診ているかによって…

相手の診方が変わってくる。


人間には…

必ず、沢山の長所・良い所がある。


自分の価値観が運命を変える…

人間の運命は、その人の価値観で決まる。


ありがとうございました。
posted by にっちゃん at 08:39 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012.01.23

真理…

2012.1.23

真理…

真理には…

全体真理と部分真理がある。

真理とは…

世の中のすべての現象を支配している原則のことである。

真理には…

部分真理と根本真理の二つがある。

部分真理は…

一部分だけ局部的働きの真理である。

根本真理は…

全体を支配する全体的働きの真理である。

全体真理とは…

根っこ、根本的な真理でsる。

部分真理とは…

枝のようなものである。


「真理によって、この世は支えられているため、真理にかなわない事業は、必ず失敗する。」


自分と向き合って…

全体真理、根本真理を目指したいものである。
posted by にっちゃん at 07:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012.01.10

南州翁遺訓…

2012.1.9
南州翁遺訓…

「人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして己を尽くして、人を咎(とが)めず、
我が誠の足らざるを尋ねるべし…」


仕事をする場合は…

天に仕えるといった謙虚な気持で行なうのが大事で…

人に自慢しようといった気持があってはならない。


確かに…


天を相手にすれば…

人に頼るわけにもいかず…

人に頼らなければ怨むことも咎めることもない。


我が誠の足らざるを尋ねるべしという…

全責任を自分でとる…

謙虚な精神が大事である。


ただただ…

何事も…

自分の努力の至らなさを痛感するのみである。


posted by にっちゃん at 00:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012.01.04

向き合う…

2012.1.4
向き合う…岐路に立ちつつ…

動物園の動物は、食べる不安は、何もない。

他の動物から、危害を加えられる心配は、何もない。

決まった時間に、いろいろと栄養がある、食べ物が与えられ…
保護されたオリのなかで、ねそべり、アクビをし、ゆうゆうたるものである。

しかし…

それで、彼らは喜んでいるのだろうか。

その心は、わからないけれども…

それでも彼らが、身の危険にさらされながらも…
果てしない原野を、かけめぐっているときの幸せを…
ときに、心に浮かべているような気がするのである。

お互いに…

一切、何の不安もなく、危険もなければ、心配もなく…
したがって、苦心する必要もなければ、努力する必要もない…
そんな境遇に憧れることがしばしばある。

しかし…

はたして、その境遇から力強い生きがいが生まれるのだろうか。

やはり、次々と困難に直面し…
右か左かの、不安な岐路に立ちつつも…
あらゆる力を傾け、生命をかけて、それを切りぬけてゆく…

そこにこそ、人間として、いちばん充実した張りのある生活があるともいえよう。

困難に、心が弱くなった時、こういうことも、また考えたい。

posted by にっちゃん at 08:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。