2012.01.04

向き合う…

2012.1.4
向き合う…岐路に立ちつつ…

動物園の動物は、食べる不安は、何もない。

他の動物から、危害を加えられる心配は、何もない。

決まった時間に、いろいろと栄養がある、食べ物が与えられ…
保護されたオリのなかで、ねそべり、アクビをし、ゆうゆうたるものである。

しかし…

それで、彼らは喜んでいるのだろうか。

その心は、わからないけれども…

それでも彼らが、身の危険にさらされながらも…
果てしない原野を、かけめぐっているときの幸せを…
ときに、心に浮かべているような気がするのである。

お互いに…

一切、何の不安もなく、危険もなければ、心配もなく…
したがって、苦心する必要もなければ、努力する必要もない…
そんな境遇に憧れることがしばしばある。

しかし…

はたして、その境遇から力強い生きがいが生まれるのだろうか。

やはり、次々と困難に直面し…
右か左かの、不安な岐路に立ちつつも…
あらゆる力を傾け、生命をかけて、それを切りぬけてゆく…

そこにこそ、人間として、いちばん充実した張りのある生活があるともいえよう。

困難に、心が弱くなった時、こういうことも、また考えたい。



posted by にっちゃん at 08:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。