2009.06.22

2009.6.22
 陰…最も厳しい観客

プロゴルフ界で「帝王」と呼ばれたジャック・ニクラウスが、
その自伝において語っています。

彼がプロゴルファーになったとき、父から、アドバイスを受けたそうです。


「たとえ、コースに観客が三人しかいなかったとしても、
 全力を尽くしてプレーをせよ」


ニクラウスは、その父のアドバイスを胸に刻んで…
プロゴルファーとしての道を歩んだと語っています。


しかし、この言葉は、ニクラウスの言葉にしては、
少し控えめな言葉のように思えます。


なぜなら…


おそらくニクラウスは、たとえ、コースに観客が一人もいなくとも、
全力を尽くしてプレーをしたと思われるからです。

ある意味で、ニクラウスにとって、最も厳しい観客は、
彼自身の心の中にいたのではないでしょうか。


そして、たしかに、我々もまた、ときに、最も厳しい観客の存在を、
心の中に感じるときがあります。


そして…


その観客を意識し始めたとき、我々は、プロフェッショナルの道へと
一歩を踏み出すのかもしれません。


自分の心の中の陰と戦う…自分と向き合わない人間は、動物である…


ありがとうございます。




posted by にっちゃん at 23:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。